ALVE公共棟HPを表示中です!
ALVE民間棟HPはこちら

館内施設のご案内

平成25年度のイベント記録

 

平成25年度の自主事業

4.29(月) 南極の氷贈呈式 (協力:陸上自衛隊秋田地方協力本部)
5.12(日) 科学つめあわせ便① 力の科学
5.19(日) レッツ チャレンジ!サイエンス
(秋田大学学生によるワークショップ)
5.26(日) どうぶつサイエンス2013パートⅠ
 ~しっぽのひみつをさぐろう~
6.9(日) 科学つめあわせ便② プラスチックの科学
6.16(日) 親子もの作り教室 パタパタ飛行機づくり
6.22(日) 電子工作教室Ⅰ 電子ゴマを作ろう
7.7(日) 科学つめあわせ便③ 色の科学
7.13(土)~14(日) 自然科学学習館の迷路だよ!全員集合!
エコエコダンボールワールド2days
7.30(火)~31(水) 不思議アートのぞき箱ワークショップ
 ~灯りと鏡の競演~
8.2(金)~3(土) 中学校科学部によるワークショップ(秋田市理科教育研究会主催)
8.6(火)~7(水) 教職員によるワークショップ(秋田市理科教育研究会主催)
8.17(土) きらめきdeサイエンス(サイエンスサポーターによるワークショップ)
8.22(木) THE KAGAKU(協力:産業技術センター)
風力発電工作の体験・センター見学
9.1(日) 科学つめあわせ便④ 磁石の科学
9.28(土) 電子工作教室Ⅱ 電子ゴマを作ろう
10.5(土)~6(日) 秋田市の昆虫展
10.13(日) 科学つめあわせ便⑤ 酸とアルカリの科学
10.19(土) 電子工作教室Ⅲ うそ発見器を作ろう
11.10(日) 科学つめあわせ便⑥ 植物の科学
11.16(土) 200万人達成記念行事
11.24(日) どうぶつサイエンス2013パートⅡ
 ~顔の秘密をさぐろう~
12.8(日) 科学つめあわせ便⑦ 燃える科学
12.14(土) 電子工作教室Ⅳ ボイスチェンジャーを作ろう
12.21(土)~28(土) 自然科学学習館200万人達成記念 ものづくりイベント
1.4(土)~5(日) 新春おもしろ体験
1.18(土) コズミックカレッジ(協力:JAXA)
2.2(日) 解剖にチャレンジ!(協力:食肉衛生検査所)
2.9(日) 蔵前理科教室(協力:蔵前工業会東京工業大学同窓会)
2.15(土)

自然科学学習館 with すイエンサー
サいえンす☆ワールド

 

  2014.2.15    自然科学学習館 with すイエンサー サいえンす☆ワールド 

NHK Eテレの人気科学番組「すイエんサー」が体感できる!
アルヴェビル全体が科学の雰囲気に包まれました。

スゴ技体験コーナー①
玉入れがうまくなっちゃう!?
スゴ技体験コーナー②
二重跳びができちゃうスゴ技!
スゴ技体験コーナー③
「フーとハ~」息の違いの秘密に迫る!
スゴ技体験コーナーでは、それぞれの秘密をしっかり解説してくれます。
NHK秋田エキヨコ冬祭りと同時開催で行われました。 多目的ホールでは、すイエんサー名物ピンポンフォール対決が行われました。
ピンポンフォール対決の優勝者の方に、NHK渡辺アナウンサーがインタビュー。 秋田県産業技術センターの体験コーナー。
秋田県産業技術センターの電子ルーレットを使ったスーパーピンボールが体験できました。科学技術ってすばらしいですね。 東北電力秋田営業所のコーナーでもいろいろな体験ができました。
大人気のすイエんサーガールズショー。
スゴ技でできたオムライスのお味は?
すイエんサーガールズの皆さん、楽しいショーをありがとうございました!

 

  2014.2.9     蔵前理科教室(協力:蔵前工業会東京工業大学同窓会)  

東京工業大学同窓会の皆様の協力で、今年度も「蔵前理科教室」を開催しました。

東京工業大学同窓会の皆様が自然科学学習館においでくださいました。 発電の仕組みについて画像を交えてわかりやすく教えてくださいます。
風力発電装置作りに挑戦。 風力発電にはいろいろな形があることが分かりました。
風力発電装置を組み立てました。 風力発電装置と手回し発電機を使って実験をしてみました。

 

  2014.2.2     解剖にチャレンジ!(協力:食肉衛生検査所)   

食肉衛生検査所の皆さんの協力で、ブタの心臓などの解剖を体験しました。

食肉衛生検査所の3名の獣医師の方々にご協力いただきました。 小学校低学年のみなさんも、がんばって解剖に挑戦。
血液が流れる順にはさみを入れ、心臓の部位を確かめていきます。 高橋獣医師から「ブタが肉になるまで」の講話をお聞きしました。
講話の後は、希望者のみなさんで、ブタの眼球を観察。 眼球の中はどうだったでしょうか。

 

  2014.1.18      コズミックカレッジ(協力:JAXA)   

JAXA認定の講師の先生から、宇宙やロケットについて実験を交えて楽しく学びました。

午前中のキッズコースは、宇宙教育指導者の小関先生から指導していただきました。 おうちの方に手伝ってもらって、大きな気球を作りました。
午後のファンダメンタルコースを担当してくださった講師は、同じく宇宙教育指導者三浦先生。 注射器ロケットで的当てに挑戦。
見事惑星に到着!
 
気球の打ち上げ。大成功!  

 

  2014.1.4~1.5      新春おもしろ体験   

お正月にちなんだ体験コーナー、もの作りコーナーで楽しんでもらいました。

ぶんぶんゴマを回す感触は楽しいですね。 皿回しコーナーも大人気。

カライドサイクル工作。
切って、折って、組み立てて貼ると…?

おもしろい仕組みに、満足してもらえたようです。
 
まわっているお皿をもらって
ごきげんです。
 

 

  2014.12.21~28     自然科学学習館200万人達成記念 ものづくりイベント  

入館者200万人達成を記念して、もの作りコーナーを開きました。

ダンボールとポリ袋で作ったホバークラフトが完成。 手前には、作ったホバークラフトで遊ぶコーナーも設けました。
ペーパークラフトコーナーでは、お面やティアラを作りました。 ティアラを載せて鏡で確認。
手作りのティアラ似合ってますね。
プラ板工作コーナーも、リピーターが出るほどの人気でした。 ポリスチレンのコップに、できあがりを想像しながら模様を描きます。

 

  2014.12.14      電子工作教室Ⅳ ボイスチェンジャーを作ろう  

自分の声が変わる?
今年度一番難しい回路作りに挑戦です。

初めははんだ付けの練習から。
だんだん、コツをつかんでいきます。
たくさんあった抵抗を、場所を間違えないようにつけていきます。
参加者全員が集中して取り組んでいました。 IC、コンデンサ、LED…
細かなはんだ付けがたくさんあります。
隣の回路にはみ出さないように慎重に取り組みました。 FMラジオを使って、ボイスチェンジに挑戦!不思議な声になりました。

 

  2014.12.8      科学つめあわせ便⑦ 燃える科学  

燃える・爆発・・・ちょっとこわいイメージがありますが、わくわくする実験を楽しみました。

炎が出ても、ハンカチは燃えません。
不思議なサイエンスショーでスタート。
透明なろうそく作りにチャレンジ。
全員が落ち着いて、安全にマッチをつけることができました。 エタノールを噴霧した缶に、火を近づけるとどうなるのでしょう。
手のひらで小さな爆発を体験しました。 最後は、参加者全員で爆鳴気実験を体験。歓声(?)があがりました。

 

  2014.11.24      どうぶつサイエンス2013パートⅡ ~顔の秘密をさぐろう~  

お天気に恵まれた当日。動物とふれあい、顔の秘密をたくさん知ることができました。

自然科学学習館で、簡単なクイズをしてウォーミングアップ。 大森山動物園のミルヴェ館で、佐藤獣医師からお話を聞きました。

知っていましたか?ヤギの口の中
の秘密。
なんと上の歯がありません。

キリンはその長い舌で、食べ物を上手に絡め取って食べていました。
特別天然記念物のイヌワシ。
目やくちばし、首に秘密がありました。
再びミルヴェ館へ。骨格標本を使い、観察のまとめをしていただきました。

 

  2014.11.16      200万人達成記念行事   

今年度開館9年目を迎える当館。おかげさまで200万人の入館者の皆様においでいただくことができました。

たくさんのお客様が参加してくださり、記念式典が開かれました。 200万人目の来館者となった近凌大朗さんに認定証の贈呈です。
式典後に、サイエンスショーが開かれました。 秋田市教育委員長職務代行者の石田様によるあいさつ。
午後からは、200万人達成ものづくりイベントが行われました。 真剣に作って、楽しく遊ぶ姿が見られました。

 

  2014.11.10      科学つめあわせ便⑥ 植物の科学  

植物の秘密はたくさんありますが、今回は酵素と道管・葉脈に視点をしぼってみました。

ニンジンやホウレンソウのペーストにオキシドールを混ぜると? 酵素パワーがはたらいて、あっとおどろく変化が起こりました。
セロリの茎の切片作り。カッターで
薄く切って観察します。
いろいろな植物の茎や葉の切片も、顕微鏡で観察しました。
トウカエデの葉の成分を落として、葉脈標本を作ります。 トウカエデの葉脈標本を、しおりに仕上げました。

 

  2014.10.19      電子工作教室Ⅲ うそ発見器を作ろう  

うそ発見器とはどんなものでしょう。
はんだごてを使って回路をつないでいきます。

真剣に、こてではんだを付けていきます。 スイッチやボリューム、メーターなど、大きな部品も登場しました。
導線を配線通り付けるのは、とても難しい作業です。 全ての部品をつないで、いよいよテストをします。
ボリュームで平常時の状態を調整して、ウソ・ホントを確かめます。 どんな質問で、ウソかホントを確かめているのでしょう。

 

  2014.10.13     科学つめあわせ便⑤ 酸とアルカリの科学  

毎回大好評の科学つめあわせ便。
今回のテーマは、酸とアルカリです。

サイエンスショーでは、不思議な焼きそば作りを見学しました。 不思議なサイフォン。
カップに移動すると色が変わります。
紫キャベツを使った指示薬作り。 ある液体を入れると、紫キャベツの色が様々に変化します。
こちらは染め物体験。
紫キャベツで染めた和紙を三色にしました。
こちらは、お絵かき。
透明な液体も緑や赤に変わっていきます。

 

  2014.10.5~6      秋田市の昆虫展   

秋田市環境部から、秋田市内に生息する昆虫の標本をお借りして、展示しました。

二日間で、たくさんのみなさんにおいでいただきました。 学習館に常時展示しているほかに、新たに23箱の標本をお借りしました。
秋田市内に、こんなにたくさんのチョウが生息しているのですね。 みなさん、興味深く観察していました。
スズメバチもたくさん生息しています。
見かけたら近づかないでください。
当館の職員が、みなさんの熱心な質問に答えました。

 

  2014.9.28     電子工作教室Ⅱ 電子ゴマを作ろう  

6月にも行われた、はんだごてを使った電子ゴマ作り。
今回は、初めての挑戦者もたくさんいました。

熱を利用する道具がはんだごてです。
初めは注意をよく聞きます。
慎重に回路をつないでいきます。
基板に抵抗やトランジスタを、はんだ付けします。 小さなドライバーも使って組み立てます。
完成!回路はうまくつながったかな? 発光ダイオードが光りながらメロディが流れました。うまく回ったね。

 

  2014.9.1     科学つめあわせ便④ 磁石の科学  

生活の中でとても役立っている磁石。
たくさんのおもしろ実験をしてみました。

磁石にはどのようなひみつがあるのでしょうか。 水そうに磁石を浮かべてみると…?
磁石を使ったオリジナルペン立て作りに挑戦! 磁力線を目で見て確認できました。
マジック?
磁石を使ったふりこはどうなったのかな?
磁石を利用したものづくり。
不思議な動きを楽しめました。

 

  2014.8.22     THE KAGAKU(協力:産業技術センター) 風力発電工作の体験・センター見学 

秋田県産業技術センターの方たちの協力により、発電や最先端技術について学ぶことができました。

産業技術センターの職員の方から、発電の基本を学びます。 風力発電工作。
風を受けるとモーターが回って発電します。
温度差で起電するゼーベック効果を、ペルチェ素子で確かめます。 研究室では、少しのほこりも出さないよう、特別な紙を使うそうです。
ほこりの出ない繊維の作業服。
たたいてもほこりが出ません。
最新のハイブリッドカーの全部品も
見ることができました。

 

  2014.8.17     きらめきdeサイエンス(サイエンスサポーターによるワークショップ) 

秋田大学と秋田県立大学の学生サポーターが、自分たちで企画したワークショップを開きました。

各ブースはサポーターとお客様の笑顔でいっぱいでした。 シメジのDNAを取り出します。シメジを細かくするところから体験しました。
紙コップも工夫すると楽しいおもちゃになるんだね。 偏光板を使った、すてきな万華鏡作り。光が不思議な見え方をします。
えっ?シートにかいた絵や文字が水に浮かべたら動き出したよ。 よい香りのオリジナル入浴剤作り。
お風呂で楽しめたかな?
人気のビュンビュン風車。
まわった瞬間、全員の表情が笑顔に!
ホバークラフト&飛行機作り。
作り方は簡単でもとてもよく動き、飛びます。
 
大学生とふれあうことのできる貴重な時間になりました。  

 

  2014.8.6~7     教職員によるワークショップ(秋田市理科教育研究会主催) 

理科が得意な秋田市内の先生たちが、ワークショップを開きました。

自然科学学習館4階は、終日大にぎわい。 先生たちの優しいアドバイスで、安心して作ることができます。
完成。のぞくと光がどんなふうに見えたのかな。 学校OBの先生方も、さすがの知識を伝えてくださいます。
スライムの不思議な質感に、歓声がわいていました。 できあがったロケットをさっそく飛ばしてみます。

 

  2014.8.2~3     中学校科学部によるワークショップ(秋田市理科教育研究会主催) 

中学校科学部の生徒が、自分たちで企画したワークショップを開きました。

いろんなシャボン玉作りに挑戦。 お兄さんたちが優しく教えてくれます。
魔法使いの帽子のパフォーマンスもすてきでした。 会場では、笑顔と驚きがいっぱい。
作り方を記したチラシも準備してくれました。 牛乳パックの飛行機づくりも
大人気でした。

 

  2014.7.30~31     不思議アートのぞき箱ワークショップ ~灯りと鏡の競演~  

毎年楽しみにしている方も多いのぞき箱作り。
今年は、灯り箱ワークショップも登場!

午前の灯り箱作りは、ろうで絵を描くことから始まります。 灯りがともったことを想像して色を付けていきます。
ねぶた作家の三上先生から、仕上げのアドバイス。 夏らしいかわいい作品に仕上がりました。
午後からは、のぞき箱作り。
仕上がりを想像する笑顔がいっぱい。
万華鏡作家の園田先生から、優しく教えていただきました。
リピーターのお姉さんも仕上がりに大満足。 のぞき箱の中はこのように見えます。力作です。
 
のぞき込むみんなの笑顔がとてもすてきでした。  

 

  2014.7.13~14     自然科学学習館の迷路だよ!全員集合! エコエコダンボールワールド2days  

ダンボールを使った工作教室や迷路・遊具で楽しみました。
今年は「うちゅうたんけんコーナー」も!

アルヴェ9周年を記念して、ダンボールワールドが開催されました。 二日間とも大盛況だった「ダンボールビーゴマ」作り。
「たわらころがし」の工作教室も大人気でした。 ダンボールで作った「たわら」が、坂を楽しく転がっていきます。
遊具も大人気。 ダンボール作家の桧山先生の作品には、皆さん感心していました。

 

  2014.7.7      科学つめあわせ便③ 色の科学  

様々な実験を通して、色や光のなぞに迫りました。

様々な色をぬって、色のなぞに迫ります。 偏光板を回して、光の正体は「波」だということを実感しました。
分光シートを使うと、光が
分かれて見えます。
目に見える「波」以外にも、いろいろな
「波」があることを学びました。
発光ダイオードを組み合わせて、いろいろな色を作ります。 金属の光沢(こうたく)を感知するのは、光の反射が関係していました。

 

  2014.6.22     電子工作教室Ⅰ 電子ゴマを作ろう  

はんだごてを使って、本格的な電子工作に挑戦しました。

初めは、はんだごてで、はんだを付ける練習です。 抵抗やトランジスタ、発光ダイオードなどを、基板に差し込みます。
はんだごてを使って基板に固定します。 慎重に慎重に。
初めてでも上手にできました。
ボルトとナットも使って部品を固定します。 やったあ!自分で作った電子ゴマが回って喜びもひとしおです。

 

  2014.6.16     親子もの作り教室 パタパタ飛行機づくり  

家族でちょっと難しい飛行機づくりに挑戦!遠くに飛んだかな?

今回のものづくり教室は、アルヴェ2階の多目的ホールで行いました。 細かな作業が多くて、家族に手伝ってもらいます。
とっても難しいところは、家族にお願いしました。 うーん。不思議な動き方をするなあ。
これがパタパタする羽の動きにつながるのかな?
いよいよ完成!
みんなで飛ばしてみます。
とても遠くまで飛んだお友だちもいました。
コツはなんだったのかな。

 

  2014.6.9     科学つめあわせ便② プラスチックの科学  

知っているようであまり知らないプラスチック。
たくさんのおもしろ実験をしてみました。

プラスチックとそれ以外に分けてみました。
意外な物もプラスチックでしたね。
ペットボトルを細かく切って熱した物を高速回転!
小さな穴から出てきた物は?
発泡スチロールって溶けるの? 発泡スチロールを溶かして、おもちのようにしてみました。
今度は、そのおもちをお湯に入れると?
不思議!ふくらんで元に戻ったね。
発泡スチロールに、ひみつの絵の具で自由にお絵かきをしました。
それを熱すると、またまた不思議!
絵の具の部分だけ残ったよ。
二つの液体を混ぜ合わせると?
…もこもこふくらんできました。
 
コップに絵を描いて熱しました。
とてもすてきなキーホルダーに!
 

 

  2014.5.26    どうぶつサイエンス2013パートⅠ ~しっぽのひみつをさぐろう~

ミルヴェとアルヴェのコラボレーションの企画。
今回は、動物たちのしっぽのひみつに迫りました。

初めはアルヴェで、どうぶつしっぽ
クイズをしました。
なかなか難しい!
ポニーは、虫を払うときなどにしっぽを使います。
ふさふさしたしっぽでした。
普段は入ることのできない獣舎にも入りました。
羊のしっぽはどうなってる?
うさぎのイラストによくある丸いしっぽとはちょっと違っていましたね。
カンガルーは、しっぽで大きな体を支えたり、戦いのときに使ったりするそうです。 ビーバーのしっぽは、水中で舵(かじ)をとる役目も果たすそうです。
ノドジロオマキザルは、とても器用に
しっぽを使って物をつかむこともできます。
シンリンオオカミのしっぽのはくせいを触らせてもらいました。
 
ヘビのしっぽの始まりは、排泄口の
ある場所から。
腹版(うろこ)が一枚から二枚に変わる所が目印だそうです。
 

 

  2014.5.19    レッツ チャレンジ!サイエンス(秋田大学学生によるワークショップ) 

秋田大学教育文化学部理科教育学研究室の学生の皆さんによる、おもしろ実験教室。さまざまな実験を楽しみました。

秋田大学の皆さんが計画した実験ブースが用意されました。 鳥のような翼の形がなくても、よく飛ぶ飛行機があるんだね。
人気のスライムコーナー。
液体の反応っておもしろいね。
トラス構造ってすごい!
こんなに乗せても大丈夫だよ。
いつでも虹をつくることができるレインボースピン作りに挑戦。 天体望遠鏡をのぞかせてもらったよ。

 

  2014.5.12     科学つめあわせ便① 力の科学   

滑車、てこなど道具を使った実験や摩擦力、浮力などなどたくさんの種類の「力」について体験を交えながら学習しました。

電話帳を一枚一枚重ねたものを引っ張ると・・・?
ものすごく大きい力がかかります。
滑車をうまく利用すると、引っ張る手ごたえが大きくちがっていました。
ドライアイスカーでgo!
摩擦力が小さくなります。
てこ実験器で10kgのおもりを持ち上げます。違いがわかったよね!
スリル満点!!
ふりこが顔に当たっちゃう?!
水の抵抗が一番小さいのはどんな形かな?
容器の中の空気を抜くと、中のマシュマロはどうなる? 静電気を利用したかんたん工作。うまくいきました。
 
パイプの代わりにゴム風船でも遊べるね。  

 

  2014.4.29     南極の氷贈呈式 (協力:陸上自衛隊秋田地方協力本部)  

陸上自衛隊秋田地方協力本部の皆さんのご協力により、4月10日に日本にきた南極の氷を届けていただきました。

自衛隊秋田地方協力本部長から、砕氷艦「しらせ」のお話をお聞きしました。 南極の氷の登場です。
自衛隊秋田地方協力本部長と自然科学学習館長が除幕をおこないました
何万年も前に降った雪が圧縮されてできた氷です。
中には当時の空気が閉じ込められています。
代表のお友達が乾杯の発声です!
まずは、「プチプチ」という空気の音を聞いています。 貴重な氷。おいしい!という声があがっていました。
続いて、南極に関するクイズ。
みんな真剣に耳を傾けます。
南極クイズ成績上位者にごほうびが・・・!おめでとう!
秋田大学の井上正鉄教授による南極の講演も行われました。 最後は、自由に氷にふれてみます。
午後からは南極にちなんだペンギン工作コーナーを設けました。 作ったペンギンでお魚をパクパク!
みんなで楽しく遊んでいました。